シェアオフィス関連記事

コワーキングスペースでの人脈

市部、地方を問わず、コワーキングスペースが日々増えてきています。そのため、シェアオフィスやコワーキングスペースといった言葉が身近になってきていると思います。 そんなコワーキングスペースで得られるものの一つに、新しい人脈を作ることができるという点が挙げられます。以下では、コワーキングスペースにおける人との繋がりについて考えていきます。

コワーキングスペースの市場規模の今後

ここ数年、注目されているコワーキングスペースですが、日本の市場規模についてはあまり知られていないようです。こちらのページではコワーキングスペースの市場規模の今後について説明します。

コワーキングスペースは異業種交流会

コワーキングスペースは個人個人が仕事をするだけの場所ではありません。シェアオフィスやレンタルオフィスと違い個室になっておらず、オープンスペースのため、個人の仕事以外の目的でも利用することができるのです。このようなコワーキングスペースには、多種多様な業種の人達が集まっているので、交流にはもってこいの場になります。

レンタルオフィスが空港にオープン

レンタルオフィス運営会社である〔リージャス・グループ〕が関西空港にレンタルオフィスをオープンさせました。これは国内初の試みで、一時的なものですが多くの人から注目を浴びたのです。また、関西空港は観光客が中心となっており〔ビジネス客に弱い〕と言われていたため、空港側からも期待されていたそうです。

レンタルオフィスの意識調査

2010年、起業家の支援を行っているレンタルオフィス〔クロスコープ〕の運営会社「未来予想株式会社」は、起業家を対象としたレンタルオフィスの意識調査を行いました。今回のその調査結果を紹介していきます。

社員のシェアオフィス利用増加について

シェアオフィスはフリーランスや独立したばかりの会社だけが利用するのが普通ではなくなったのです。少しずつリモートワークを広めていくことは大切だと思います。ここでは社員のシェアオフィスの利用増加の理由についてご紹介します。

少人数ならレンタルオフィスがおすすめ

事務所開業・移転の際、なるべく抑えたいのが初期費用だと思います。初期費用というものには敷金・礼金はもちろんのこと、仲介手数料・引っ越し費用・前家賃・電気・電話工事などが含まれます。これらの費用を抑えて起業する場合〔レンタルオフィス〕がお勧めです。今回は、賃貸オフィスを借りる際にどのような費用がかかるのか、レンタルオフィスの場合はどうなるのか、などを説明します。

WeWorkの魅力

We workとはニューヨーク発祥のシェアエコノミーサービス企業として台頭してきた企業であり、アメリカの主要都市をはじめ世界中36都市のオフィスビルを借り上げ、個人や企業といったユーザーに対してスペースを提供しています。使用スペースは、鍵のかかる個室ブースやデスクだけのオープンスペース等多様なスペースを提供してくれます。毎日じゃなくても、自由な時間に自分のタイミングで利用できるものになっています。

シェアオフィスでのコミュニティ構築が大切

シェアオフィスは仕事場だけを提供するだけではなく、利用者同士が交流し新たなコミュニティを構築することができる場でもあります。そして、そのコミュニティが自分の事業発展に良い効果をもたらします。ここではシェアオフィスでのコミュニティ構築ができる理由を解説します。

シェアオフィスに借地借家法の適用は?

シェアオフィスに借家借地法が適用されるかは、建物賃貸借に該当するかが問題です。建物賃貸借に該当するかは、物件の排他性、独立性の有無を見極める必要があります。排他性、独立性の有無については、簡単に言えば、オフィスに入居した事業主がその空間を他人が容易に侵入し使用できる状態にしているかどうかということになります。

シェアオフィス【起業自習室】のTOPページ